危機とコモンズ:フクシマ以後の予示的政治 /

2012年12月1-2日

東京外国語大学

主催:オートノミズム研究会

協力:オペライズモ研究会

Crisis and Commons: Prefigurative Politics After Fukushima

1 – 2 December 2012

Tokyo University of Foreign Studies

Organised by the Autonomism Research Group

With Support from the Operaismo Research Group

概要

2011年は、相互に関連した一連の危機によって記憶される。2010年12月のチュニジアに端を発する中東の民主化運動「アラブの春」は民主主義の危機を明らかにした。続く2011年3月の巨大地震によって引き起こされた原子力の危機は、東京、そして日本各地での街頭デモの興隆に至ることとなった。2008年以来のグローバル規模の金融恐慌は、ギリシャやその他のヨーロッパ諸国が負債の返済に躍起になるにつれ深刻さを増していった。緊縮財政に対する巨大な抗議運動が、ギリシャ、スペイン、そしてヨーロッパ各地で勃興している。これらの諸運動は互いに共鳴し、その経験を共有し合っている。例えば、オキュパイ運動は、アメリカ合衆国を越えて拡散し、シドニー、メルボルン、ブリスベンなどのオーストラリア主要都市においても立ち現れることとなった。カイロの抗議者はニューヨークのオキュパイ抗議者にピザが配達されるよう手配し、ヨーロッパの反核活動家は各地で原子力に対する抗議を行うことで福島の災害に呼応した。

これらの諸運動は、反資本主義の政治を再び俎上に載せることになった。しかし、これまでの反資本主義運動と異なるのは、予示的政治への力点の置き方である。予示的な実践は、革命が成就されたその後まで、革命的な社会形態の創造を待ちはしない。そうではなく、解放的な時空間を現在のこの場所で産出することに焦点をあてるのである。2011年の無数の運動は、競争と私有財産に抗い、恊働とコモンズに力点を置いていた。中東、日本、オーストラリア、アメリカ合衆国、そしてヨーロッパでの運動において主要な課題になっていたのは、民主的政治実践のための都市空間を取り戻すことであった。これらの運動の多くに特徴的だったのは、望ましいと思う社会についての議論を共有できる民主的政治空間を予示的に現すことを意図しながら、同時に取り戻された都市空間においてその考えを実践へと移す実験でもあった点である。

資本主義は、コモンズを囲い込み再生産領域を植民地化することで発展してきた。もしも予示的政治が、「いまここ」において資本主義の外部を遂行的に表現する運動であるならば、現在の危機において、資本に収奪されることのない新たなコモンズと社会的再生産の手段を垣間見させてくれることだろう。

このシンポジウムは、資本主義の複合的な危機を議論し、それらに呼応して立ち現れつつあるさまざまな可能性を考えるための共有空間である。我々が問うのは、次のようなことである。危機の後に来るものは何か?2011年に現れたさまざまな反体制的運動の予示的な諸実践は、いかにして資本主義以後の社会への視野をひらくことを可能にするのか?コモンという概念が、資本主義以後の社会に対するいかなる想像力をかきたててくれるのか?

※基調講演を予定していたマッシモ・デ・アンジェリスとジョージ・カフェンシスは、放射能の影響を懸念して、来日を中止することになりました。なお、二人の講演はスカイプを介してプラグラム通りに行われます。直前の変更でご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

※各報告は英語あるいは日本語で行われ、報告および議論には日英・英日通訳がつきます。

※両日、放射能不検出食品を使ったビーガン対応の昼食と午後休憩の飲み物が用意されます。

※託児および情報保障の必要な方は事前に主催者までご連絡ください。

Outline

The year 2011 was marked by a series of inter-related crises. The ‘Arab Spring’ democracy movement in the Middle East that began in Tunisia in December 2010 highlighted the crisis of democracy. In March 2011, a major earthquake caused a nuclear crisis that in turn led to a renaissance of street protest in Tokyo and cities and towns throughout Japan. The Global Financial Crisis that began in 2008 further intensified as Greece and other European countries struggled to repay their debts. Major protest movements against austerity arose in Greece, Spain and throughout Europe. In the United States the Occupy movement spread throughout the country. These movements resonated with one another and fed off one another. The Occupy movement, for example, spread far beyond the United States appearing in major cities in Australia such as Sydney, Melbourne and Brisbane. Protesters in Cairo organized for pizza to be delivered to Occupy protesters in New York while anti-nuclear protesters in Europe responded to the Fukushima disaster by holding their own protests against nuclear power.

These movements have brought anti-capitalist politics back onto the agenda. However, they differ from previous anti-capitalist movements in their emphasis on prefigurative politics. Prefigurative practices don’t wait to create revolutionary social forms until ‘after the revolution.’ Rather, they focus on the production right here and now of times and spaces of liberation. Many of the movements of 2011 emphasised cooperation and commons in opposition to competition and private property. The reclamation of the spaces of the city for democratic political practice has been fundamental to movements in the Middle East, Japan, Australia, the United States and Europe. Many of these movements have featured attempts to prefigure a democratic political space in which we can share in a common debate on the kind of society we want and experiments where those ideas are put into practice in the reclaimed space of the city itself.

Capitalism has developed by enclosing the commons and colonising the sphere of reproduction. If prefigurative politics is a movement for realising an outside to capitalism in the here and now, in the present crisis, it enables us to catch a glimpse of a new commons and of a means of social reproduction that is not exploited by capitalism.

This symposium is a common space for debating the multiple crises of capitalism and considering the possibilities that are emerging in response to it. We would like to ask, what comes after crisis? How can the prefigurative practices of the various anti-systemic movements that emerged in 2011 help us to envision a post-capitalist society? How might the notion of the common help us to imagine a post-capitalist society?

*Massimo De Angelis and George Caffentzis who are planned to have keynote speeches canceled to visit Japan due to the fear of radiation. Their speeches are being held as programmed via Skype instead. Please accept our apology for a sudden change.

*Presentations will be in both English and Japanese with translation provided.

*Radiation-free vegan lunch and afternoon tea will be available on both days.

*In case of need for child-care or information support, please inform organizers in advance.